「大掃除」のいわれ

12月中旬はお正月の「事始め(ことはじめ)」
煤払い(すすはらい)で、年神様を迎える準備を

年神様を迎える準備は、早いところでは12月半ばから始まるため、
12月いっぱいが、「事始め(ことはじめ)」とも呼ばれます。
 
年神様をお迎えするには、まず、家の中をきれいにかたづけなくてはいけません。
それが、一年のうちにたまった埃(ほこり)と煤(すす)を落とす
「煤払い(すすはらい)」です。
 

事はじめの煤払い 【事はじめの煤払い】
豪商家では、出入りの人たちが総出で掃除を行った。賄いは、酒とそばが中心でした。
(『アンベール幕末日本図会』)

いまでは「大晦日近くの大掃除」ととらえられていますが、
古くは、12月13日(※)が煤払いの日とされていました。
 
いつもの掃除とは違い、年神様を迎えるための準備ですから、
煤とともに年内の穢れ(けがれ)や厄(やく)をお祓い(おはらい)する意味もありました。
 
とくに、かまど(台所)の掃除は念入りに行われました。
台所を汚くしているとその家の運も逃げてしまうといわれていたからです。
また、正月用の料理の火に替えるためでもありました。
「煤神さま」、あるいは、「竈神(かまどがみ)さま」に、
蕎麦や野菜の煮付けを供えるところもありました。
 
煤払いのあとは、年神様を家に案内するための門松を立てたり、
家に年神様を迎えたという“しるし”となるしめ飾りをつけます。
事始めにはさらに、正月料理の材料を買ったりと、
お正月に向けてほかの準備も始めます。

※13日の煤払い・・・時代によっては14日に行われることもありました。
 

1月15日は「事じまい」
後片付けまできちんとすることが幸せの秘訣

ちなみに、「松の内」とは、年神様を迎えた大晦日から5日か6日夜、
あるいは7日までの期間。
一般には、7日の朝方に門松やしめ飾りをとりはずすことから
そう呼ばれるようになりました。
地方によっては、15日を「事じまい」とするところもみられます。
 
「トンド焼き」といって、門松やしめ飾りなどといった正月飾りを
大きな火にくべて燃やす習慣も。
これには、年神様をお見送りするという意味もあります。
 
12月半ばの事始めから1月半ばの事じまいまで、準備や後片付けをきちんとすることが、
新しい年を幸せに過ごすための秘訣といえそうです。

トンド焼き

メニュー

お問い合わせ

「お正月ニッポンプロジェクト」事務局

Eメール info@oshogatsu.jp
このページの一番上に戻る